2015

石野 郁和

 

-無題-

 

 

Concept

私たちが現在住んでいる空間は、グローバル化の影響で多様性の共存を追求する一方、価値観や文化の定義が均一化され、場所や人のアイデンティティーは喪失していくという、通常相反・矛盾していると思われる2つ以上の事柄が同じ空間に相互存在する場所に私は見える。私は自分の育った場所、日本とアメリカの日常生活の中から、その不可解に見える空間を写真で記号的・抽象的に表した。

 

Profile

1984年 兵庫県生まれ

2012年 ロチェスター工科大学 BFA

2014年 イェール大学院大学 MFA

 

Exhibition

2015年  写真新世紀東京展2015, ヒルサイドフォーラム, 東京都

2015年  The Heart is a Lonely Hunter curated by Katy Grannan, Fraenkel Gallery,

             サンフランシスコ(米国カリフォルニア州)

2014年  Deep End, Diane Rosenstein Fine Art,

            ロサンゼルス(米国カリフォルニア州)

2014年  Deep End curated by Roe Ethridge, The FLAG Art Foundation,

            ニューヨーク(米国ニューヨーク州)

2014年  Deep End, Green Hall Gallery,

            ニューヘイブン(米国コネチカット州)

2013年  Second Year Exhibition, Green Hall Gallery,

            ニューヘイブン(米国コネチカット州)

2012年  Assorted, Green Hall Gallery,

            ニューヘイブン(米国コネチカット州)

2012年  My Apocalypse curated by Nick Marshall, Hungerford Building,

            ロチェスター(米国ニューヨーク州)

2012年  Draft 9, The Yard,

            ロチェスター(米国ニューヨーク州)

2012年  I know you through pictures, SPAS Gallery,

            ロチェスター(米国ニューヨーク州)

2012年  CIAS Invitation Exhibition, Gallery R,

            ロチェスター(米国ニューヨーク州)

2011年  Draft 8, Rochester Institute of Technology,

            ロチェスター(米国ニューヨーク州)

 

Awards/Fellowship

2015年 写真新世紀佳作

2014年 Toby Devan Lewisフェローシップ

 

Website

www.fumiishino.com

 

Comment

石野の作品は、一見解りやすく見えるが実はかなりヒネリが効いている。それらは視覚的に魅力的であり、Tumblrですぐに使え、遊び心があり、しかも痛快である。しかし、彼の作品は「オチ」の数秒後に初めて笑える冗談に似ている。彼の作品を見る人は、この「オチ」からの数秒間に困惑や期待の状態に留まる。それでも、この作品を鑑賞することから得られる「報酬」に、鑑賞者は満足感を覚えるのだ。

 

ブルーノ・ケシェル | Self Publish Be Happy

 

 

JAPAN PHOTO AWARDに掲載された石野のポートフォリオは、私にとって心地良くも奇妙な出会いと言えるだろう。客観的な視点を維持し、写真の中で起きていることを注意深く観察するのを可能とする一方で、深い主観的世界の気配に動揺する私のような鑑賞者のために、このような知的な認識喪失状態を構築してくれたことに非常に感銘を受けている。石野の作品は、ラリー・サルタン( Larry Sultan )とマイクマンデル(Mike Mandel)の証拠プロジェクト( Evidence Project)を思い起こさせる。それは単に彼が白黒を使用しているということよりも、彼の作品では、個々の鑑賞者の想像力を誘発する、写真と奇異な想像の相関によって、その意味と解釈が構築されるという理由からである。 

 

シャーロット・コットン | キュレーター・写真評論家

清水 はるみ

 

-OPEN FRUIT IS GOD-

 

 

Concept

本作は冷蔵庫に貼られたマグネットのたわいもない言葉遊びのように、主に自然の中で遭遇したセットアップのような光景をバーツとして集め、スケールの大小を問わず組み合わせたものです。

 

 

Profile

1989年生まれ

お茶の水女子大学卒

 

Solo Show

2015年 『OPEN FRUIT IS GOD』/ gallery blanka​

2014年 『icedland』/ Place M   

2013年 『水の骨』/ Place M   

 

Group Show

2015年 『New Japanese Photographers 日本の新進写真家たち vol.2』/ 代官山ヒルサイドフォーラム

 

Home Page

www.shimizuharumi.com

 

Comment

アノニマスな被写体はそれぞれにちょっとした歪みや違和感のようなものを内包していて、現実を写しながらどこかフィクションのようでもあります。一見なんの脈絡もない、さまざまな位相のイメージの断片は、一筋縄では掴まえきれず、観る側を翻弄します。曖昧で不確かなこの世界をあなたはどう捉えるのか、という問いを突きつけ、こちらの出方が試されているような感覚を覚えます。同時にもっと見たいという欲求を刺激する愉快な体験でもあります。その独特の快感領域に引きずり込む写真の力に惹かれました。

 

太田 睦子 | IMAエディトリアルディレクター

松岡 篤史

 

-NEW WORLD-

 

 

Concept

私にとって全てが遠く感じる。

まるで宇宙からの旅行者のように。

しかし、確実に私の日常である。

だからこそ確認しなければならない!

 

Profile

1980年生まれ

 

Comment

Coming soon...

 

デヴィッド・トロ  | Dis Magazine

藤井 龍

 

-Private Collection-

 

 

Concept

もともと絵画や彫刻は建築の壁や装飾の一部分であり、そこから自立して現在のいわゆる絵画や彫刻の形態を獲得した。背景となっているものに目を向けたことで、美術作品は自立し認識されるようになった。親戚の家や友人の実家に遊びに行った時、もはや日常の背景になっているとしか言いようのない絵画や彫刻に出会うことがある。所有していることはおろか、中には飾られていることさえ忘れられ、しかし倉庫にしまわれるのではなく一応は見られる状態にある美術作品。本作はプライベートな性質と美術の、コレクションのコレクションである。

 

Profile

1987年 岡山県生まれ

2013年 東京藝術大学大学院彫刻専攻修了

 

Solo Exhibition

2016年 「(タイトル未定)」天神山文化プラザ / 岡山

2014年 「ボールなしキャッチボール」Art Media Room / 愛知 

 

Group Exhibition

2015年 「アーツ・チャレンジ」愛知芸術文化センター / 愛知

2014年 「Earth Art Project」Puga, Leh / インド

 

Home Page

www.ryofujii.com

 

Comment

Coming soon...

 

石井 孝之  | Taka Ishii Gallery